チワワに安全なドッグフード

チワワか?一日に食へ?るト?ック?フート?の量と回数は?

チワワが一日に食べる食事量や回数についてのお話です。

 

これからチワワを飼う予定の方はチワワの健康管理の面でも重要になりますので、参考にしてください。

 

一日に必要なチワワの食事量の計算方法

 

一日に必要な食事の量を計算する公式があります。

 

「犬の体重÷40=一日に必要な食事量(g)」

 

です。

 

体重が2キロのチワワであれば、公式に当てはめると1日に必要な食事量は50gとなります。必要なカロリーについても計算方法があります。

 

チワワの体重1キロ当たり50キロカロリーから150キロカロリーです。2キロのチワワならば100キロカロリーから300キロカロリーが1日に必要なカロリーの量になります。

 

昔は人間の食べ残しなどを与えていましたが、犬の健康のため、栄養バランスを考えるとドッグフードが理想です。必要量や必要カロリーの計算もドッグフードなら簡単です。

 

チワワの一日の食事回数 ?幼年期の頃?

 

生まれてから1年くらいまでを幼年期といいますが、このころはまだ一度の食事で大量に食べることができません。

 

生まれてから半年までは1日に食べる量を計算して、3回から4回に分けて与えるようにします

 

。食べ過ぎるとすぐに下痢や嘔吐をしてしまう繊細な時期です。消化を助けるために、ドッグフードはウェットタイプか、ドライタイプをお湯でふやかしてから与えましょう。

 

半年を過ぎてくると消化器官が発達し成年期に近づいてきますので、1日に2回から3回に回数を減らせるようになります。

 

ドライフードが食べられるようになるのもこの頃です。

 

チワワの一日の食事回数 ?成年期の頃?

 

幼年期よりもずっと消化器官が発達してきますので、1度の食事で1日の量を食べきることもできるようになります。

 

しかし、ちゃんと噛んで飲み込まないので栄養のすべてを吸収できるわけではありません。

 

そのため、少しでも栄養が摂れるように、朝と晩の1日に2回に必要な食事量を分けて与えましょう。チワワの成年期の理想体重は1キロから2キロといわれています。

 

適正体重よりも多ければ低カロリーの食事を、少なければ高カロリーの食事を与えて適正体重を保てるように注意が必要です。

 

チワワの一日の食事回数 ?老年期の頃?

 

老年期の頃には消化機能も少しずつ衰えを見せ始めます。運動量も減りますので、成年期と同じ量で同じ回数では肥満の原因となります。

 

食事の量を減らして回数を3回程度にするとよいと言われています。食事量が低下してきたと感じたら、高カロリーの老犬用ドッグフードを与えてください。

 

高齢になっても栄養は必要ですから、食事量が減ってきて与える食事量が分かりにくければ、獣医さんに回数と量を相談してみましょう。

 

チワワに安全なドッグフード