チワワに安全なドッグフード

チワワを飼う上で重要なチワワの性格について

チワワを飼う時にチワワがどんな性格なのか気になると思います。

 

そこで、一般的な話ではありますがチワワの性格についてお話したいと思います。

 

一般的なチワワの性格の特徴(1)

 

チワワはその愛くるしい姿で大人気の犬種ですが、見た目とは裏腹に実は非常に憶病で人見知りな性格をしています。

 

飼い主にはベッタリでも、他人には素っ気ない態度を見せることも。また、非常に警戒心が強くびっくりしやすい性格です。驚くことが大嫌いです。

 

一般的なチワワの性格の特徴(2)

 

人見知りなチワワですが、飼い主には非常に忠実です。小さく力の無いチワワにとって、守ってくれる存在である飼い主はとても信頼できるリーダーなのです。

 

他人には素っ気ない態度を見せることが多いのも、その人が自分を守ってくれる存在かどうか判断しかねているからです。

 

活発な面も飼い主にしか見せない一面です。怖がりなので初めて会う人にすぐに心を開くことは少なく、慣れてきて「安心できる人」と理解してもらえればだんだんと心を開いて甘えてくるようになります。

 

チワワの性格別のしつけ ?活発で素直な子?

 

活発で素直、好奇心がとても旺盛でチャレンジすることを恐れない性格の子の場合はしつけがとてもしやすいです。

 

このタイプの子には「褒めて伸ばす」というしつけがぴったりです。

 

飼い主の喜んだ顔が見たいという素直な気持ちから、しつけをすぐに理解して身につけてしまいます。喜びのあまり興奮して聞く耳を持たない時には、落ち着くまで待ってあげましょう。

 

チワワの性格別のしつけ ?引っ込み思案?

 

飼い主やその家族以外にはなかなか心を開かない、恥ずかしがり屋で引っ込み思案タイプの子には、じっくりと時間をかけて見守るしつけが大切です。

 

特に散歩中など外出している時のしつけには時間がかかるかもしれません。他の犬や人間のことが気になってしまっていつも出来ることが出来なくなってしまうことがあるからです。

 

失敗しても叱らずにゆっくりと見守ってあげましょう。家の中ではしつけが上手くいきやすいので、しつけの始めは慣れた自宅で行ってください。

 

チワワの性格別のしつけ ?怖がり?

 

いつも何かに怖がっている様子で飼い主から離れたがらない「怖がり」な子の場合、驚かせないように注意しながらしつけをすすめましょう。

 

物音に怖がって隠れるスペースを確保していることの多いこのタイプの子は、例えしつけの際中であっても、びっくりすることがあれば隠れるスペースに飛んで行ってなかなか出てこないことがあります。

 

大きな声で叱ることはご法度で、優しい声でしつけることが大切です。隠れてしまっても無理やり引っ張り出すのではなく、出てきたところでしつけを再開するようにしましょう。

 

チワワに安全なドッグフード