チワワに安全なドッグフード

チワワか?なりやすい病気と食事療法 ?脱臼?

チワワがなりやすい脱臼の症状や原因と、対処方法について解説します

 

参考にしてください。

 

チワワの膝蓋骨脱臼の症状

 

小型犬に多く見られる「膝蓋骨脱臼」とは、膝のお皿である「膝蓋骨」と呼ばれる部分が太ももの骨から内側、外側にずれてしまう状態のことをいいます。

 

膝蓋骨が内側にずれた状態を「内方脱臼」、外側にずれた状態を「外方脱臼」と分類されます。

 

チワワに多いのは内方脱臼で、症状が現れ始めるのは生後4ヶ月頃です。

 

統計ではメスの方が膝蓋骨脱臼にかかりやすいと言われていますが、オスにも見られる症状ですので油断は禁物です。

 

分かりやすい症状は、「足を引きずるようにして歩いている」、「触ると痛がる」、「すねがねじれているように見える」などです。

 

チワワの膝蓋骨脱臼の原因

 

原因は先天性のものと後天性のものとに分かれます。チワワのような小型犬が膝蓋骨脱臼になるケースのほとんどが「先天性の原因」によるものです。

 

生まれついて膝関節の周囲の筋肉・骨・靭帯などに異常があることが多く、成長とともに極端なX脚やO脚が目立ち始めます。

 

どうしてこのような先天性形成異常が起こるのかはまだはっきりと解明されていません。

 

後天的なものは、運動のし過ぎや落下、転倒などです。家の中で飼うチワワでも後天的原因で脱臼を起こすこともありますので注意が必要です。

 

チワワの膝蓋骨脱臼の治療

 

膝蓋骨脱臼の治療は、症状の重さに関わらず手術療法が良いとされています。

 

軽度な膝蓋骨脱臼では「たまに膝を曲げたら脱臼するがすぐに元に戻る」といったケースもありますが、体重の増減や加齢によって重症化する可能性が高いので手術を勧められることが多いです。

 

ただし、グレード1(最も症状が軽い)であれば自宅で様子を見ながら手術をせずに過ごすことが可能です。

 

フローリングをカーペットに変える、散歩の回数を減らす、体重を上手にコントロールする、など足の負担を軽減することで症状が軽いままで経過することもあります。

 

チワワの膝蓋骨脱臼の食事療法

 

グレード1と診断されて保存療法を選択した場合、自宅での管理が大切になります。環境としてはカーペットを敷いたり、段差を少なくしたりといった改善が必要です。

 

食事にも注意が必要で、チワワにドッグフードを与えすぎた事よる体重増加には特に注意が必要です。

 

また、関節を鍛えるといった意味で、カルシウムやグルコサミン、コンドロイチンなどを含んだドッグフードを与えると良いでしょう。

 

ドッグフードだけでは成分が心配な場合には獣医師の許可を受けてサプリメントで栄養を補給するという方法もあります。

 

サプリメントは体重のためにドッグフードの回数を調整している子にも、栄養だけを補給できるので大変便利です。