チワワに安全なドッグフード

チワワの餌のドッグフードの選び方

■チワワの食について

 

個体差はありますが、チワワには他の犬よりも目立った「食」についての特徴があります。

 

まず、チワワを飼っている人の多くが口にするのが「好き嫌いが多い」ということ。

 

においや味が理由で好き嫌いが出ることもあれば、のどに詰まったことがあるなどの理由で食べなくなってしまうこともあるのです。

 

とても慎重な性格なので、新しいドッグフードにはなかなか口をつけないという子も多いようです。子犬の時に甘やかしてしまい、おやつをたくさんあげてしまうことも好き嫌いの原因になります。

 

また、体の小さいチワワは食事の質による影響がとても出やすいといわれています。

 

健康状態は食事管理で決まるという獣医さんもいるほどで、好き嫌いの多い性格を把握したうえできちんとした食事管理を行っていくことが大切になります。

 

 


チワワのドッグフード

 

チワワの餌に食べさせたくないもの

 

食事で避けたいものの代表に「穀類」があります。人間にとっては大切な穀類ですが、犬にとってはそれほど必要な栄養ではありません。

 

安価なフードでは穀類でかさ増ししているものが多くなっています。あまり摂りすぎると消化しにくいためアレルギーを引き起こすことも分かっていますので、配合されていても少量のフードを選ぶべきです。

 

チワワに与えるべきドッグフードのタイプ

 

チワワのドッグフードには大きく分けて、ウェットタイプとドライタイプのフードがあります。ウェットタイプはその名の通り、水分を多く含んで缶詰などで売られているフードです。

 

生の食感に近いのでウェットフードが好きな犬は多いのですが、高価なため毎日の食事としては現実的ではありません。

 

また胃腸の弱い子では水分が多いこともあり便がゆるくなりがちです。一度開封すると保存が効きませんので、食べ残しは残飯として捨てることになり経済的な負担が大きくなります。

 

ドライタイプは乾いた粒のフードです。ウェットタイプよりも安価で栄養価も高いので多くの飼い主さんに選ばれています。

 

 


チワワのドッグフード

 

 

チワワにドライフードのドッグフードを与えるメリット

 

なぜ、ドライフードが選ばれているのでしょうか。その理由の一つとして安価で保存がきくことが挙げられます。

 

あまり安いものは穀類でかさ増ししてあるものが多いので、配合されている成分には気をつけてください。硬いので歯の健康維持にも役立ちます。

 

硬い粒を噛むことであごの骨の発達を促し、歯石を予防することもできます。また、しっかり噛むことで満足感を得やすいので肥満防止にも効果的です。

 

チワワの場合はドライフードでも「小粒」タイプを選んであげましょう。また、子犬の時は硬いものが食べにくいのでお湯でふやかしてあげるなどの工夫が必要になります。

 

 


チワワのドッグフード