チワワのドッグフード選び

チワワにおすすめなドッグフードはウェットタイプ?ドライタイプ?

チワワに与えるドッグフード選びの際に、ドッグフードのタイプは生食のウェットフードとカリカリのドライフードのどちらがいいのか解説してみたいと思います。

 

参考にしてください。

 

チワワににウェットタイプのフードを与える場合

 

缶詰タイプやレトルトタイプなど、水分が多く生の食材に近い状態のフードが「ウェットタイプ」と呼ばれるドッグフードです。

 

パッケージを開けると良い香りが広がり、チワワが飛んでくるという経験をお持ちの方も多いでしょう。高価なものになると人間でも食べられるのではないかというほど豪華な食材が使われています。

 

多くのチワワはウェットタイプのフードを好むでしょう。しかし、飼い主にとってはその「価格」が大きな負担になってしまいます。

 

毎日の食事と考えると価格が高いのが難点です。また、歯石予防の観点からもウェットフードだけを与え続けるのはお勧めできません。

 

ウェットフードしか食べないと、ドライフードに切り替えるのが難しいともいわれています。食欲が落ちた時のためにドライフードに混ぜて使うといった与え方をおすすめします。

 

チワワにドライタイプのフードを与える場合

 

ドライタイプのドッグフードは、チワワの食事の主流です。水分を含まない硬い粒状のフードです。ドライタイプの硬い粒が歯石予防にも効果的です。

 

最近ではウェットタイプに負けない嗜好性を持ったフードも登場しています。

 

あまり安価なフードですと、犬の健康維持にはほとんど必要ないとされる炭水化物(穀類)が主成分になっていることもありますので、新しいドッグフードを買う時には成分もしっかりとチェックして購入してください。
また、子犬の時には硬すぎて食べられない子もいますし、胃腸の負担が大きいので柔らかくなるようにお湯でふやかして与える必要があります。

 

結局どちらが良いのか
チワワにとってどちらのフードがおすすめなのかというと、結論は「ドライフード」です。私も両方試してみましたが、ウェットタイプは確かに良く食べますが経済的な負担が大きく続けられませんでした。

 

数日でドライフードに切り替えましたが、切り替えてしばらくは食欲が沸かないようで食が細い日が続きました。

 

今は暑い日などで食欲が落ちていると感じた時にドライフードに混ぜています。硬いものを食べさせないと歯石が溜まりやすいというのも本当で、獣医さんにもドライフードを勧められました。

 

今はドライフードでも肉が主成分になっているものが多く、食いつきが良くなるように工夫されたフードが増えてきました。

 

あまり安価なものでは栄養バランスが偏ってしまうフードもありますので、フードの成分はしっかりチェックして手ごろな価格のフードを選ぶことが大切です。

 

インターネットなら飼い主のリアルな感想を知ることができますので、新しいフードに切り替える時にはインターネットを参考にしてみると良いでしょう。

 

チワワに安全なドッグフード