チワワのドッグフード選び

チワワのドッグフードを選ぶ際の基準について

 


チワワのドッグフード

 

 

チワワのドッグフード選び タイプはどれを選ぶ?

 

ドッグフードにはウェットタイプとドライタイプというタイプがあります。ウェットタイプは水分が多く生の状態に近い加工がされているもので、缶詰やレトルトパウチなどで売られています。

 

食感も良く、香りや味も良いのでウェットタイプが好きなチワワが多いと思いますが、難点は価格が高いこと。毎日の食事となると経済的な負担が大きくなってしまいます。

 

保存がきかないので食べ残しても捨てることになります。多くの飼い主さんは、ウェットタイプを食欲が無い時のアクセントとして使っています。

 

ドライフードをあまり食べない時に、ウェットタイプを混ぜてやると良く食べるようになります。

 

しかし、ウェットタイプで癖をつけるとなかなかドライフードに戻れませんので、いざという時の特別なフードと認識しておきましょう。

 

 


チワワのドッグフード

 

 

 

チワワのドッグフード選び 総合栄養食と一般食・おやつについて

 

ドッグフードの表示には「総合栄養食」と「一般食」と書かれたものがあります。

 

総合栄養食は人間でいう「主食」です。毎日与えるドッグフードはこちらになります。

 

一方の一般食とは、「おかず」にあたり、香りが強かったり食材が一種類だったりしますので、毎日与えるのには不向きです。

 

食欲が落ちた時や、病後などで特別に摂らせたい食材などがある時に使うものです。

 

一般食のフードにもドライタイプやウェットタイプがありますが、その中間である「半生タイプ」というものもあります。

 

「おやつ」については、しつけなどで使う人も多いと思いますが、チワワは体が小さく胃も小さいので与えすぎるとフードを食べる量が減ってしまいます。

 

そうなると栄養の偏りが心配ですので、おやつはあくまでも少量、与える時を決めて与えるようにしてください。

 

小さな子供などはおやつを与えたがりますが、それはチワワのためにならないとしっかり教えてあげましょう。

 

 


チワワのドッグフード

 

 

 

 

チワワのドッグフード選び 安心安全のドッグフードの基準

 

国産のフードであれば、「ペットフード公正取引協議会」の認可を受けたもの、アメリカ産ならば「AAFCO」という団体の認可を受けたものを選ぶようにしましょう。

 

パッケージの裏に明記してありますので、フード選びの基準にしてください。また、添加物を配合していない、いわゆる「無添加」のフードであればさらに安心です。

 

少量の添加物でも体の小さなチワワにとっては毒になります。

 

長い間添加物入りのフードを食べさせ続けるのは様々な健康障害を引き起こすきっかけになるかもしれません。

 

無添加のフードも手ごろな価格になってきました。安全基準と無添加、この両方を叶えるフードを選んでください。

 

 


チワワのドッグフード