チワワのドッグフード選び

チワワのドッグフード選び −関節トラブルには−

チワワは小型犬の中でも特に関節トラブルが起こりやすい犬種です。

 

チワワなどの小型犬には、関節のトラブルが多く発生します。特に「膝蓋骨脱臼」と「股関節脱臼」が多く見られ、遺伝的な原因で関節付近の靭帯や骨の構造に問題があり、軽く走ったり飛んだりするだけで簡単に脱臼してしまいます。

 

膝蓋骨脱臼は膝関節の脱臼です。股関節脱臼は股関節を脱臼します。脱臼すると痛みもありますが、歩き方がおかしくなります。

 

痛みが酷くなると動けなくなることもあります。異常に気付いたらすぐに病院をじゅしんするようにしてください。

 

先天的な原因で脱臼してしまう場合、完全に予防することは難しいと言われていますが、運動を見直したり食事に気をつけたりするだけで発症しても軽く済んだり、発症の回数を減らしたりすることができます。

 

肥満も脱臼を引き起こす原因になりますので、体重管理にも気をつけることが大切です。

 

関節に大切な成分

 

関節に良い成分は「グルコサミン」と「コンドロイチン」です。脱臼を直接予防するものではありませんが、関節を丈夫にする成分として知られています。

 

グルコサミンは軟骨の再生を促す成分です。カニやエビの甲殻に多く含まれていることで知られていて、人間のサプリメントとしても名の通った成分です。

 

コンドロイチンは軟骨を構成する成分で、不足すると軟骨がすり減り関節の動きに痛みを伴うこともあります。

 

脱臼を起こすチワワの場合、軟骨に異常があることも多く、軟骨のすり減りが脱臼を頻繁に起こすとも考えられています。

 

これらの成分をドッグフードやサプリメントなどで補給してあげることで、脱臼の回数を減らしたり痛みを軽減したりすることができるのです。

 

関節のためになるドッグフードとは

 

関節に良い成分であるグルコサミンやコンドロイチンを配合したドッグフードがおすすめです。

 

ウェットタイプにもこれらの成分を含んだものもありますが、価格を考えるとドライタイプの方が続けやすいのでおすすめです。

 

安価なドッグフードには穀類が含まれていることが多いのですが、関節だけでなく体全体の健康を考えると、穀類の入っていないフードを選ぶようにしてください。

 

体重管理も健康な関節を維持するためには大切な要素です。体重が増えすぎることも脱臼を起こしやすくなる原因となります。

 

細い骨で体を支えるのですから、体重が増えると膝や股関節の負担が大きくなるのは明らかです。

 

チワワにも個体差があり、小食の子、大食いの子と個性がありますが、良く食べる子の場合、体重の管理には特に注意が必要になります。