チワワのドッグフード選び

チワワのドッグフード選び 〜成分で選ぶ〜

チワワのドッグフード選びで必要なことは、成分を確認することです。

 

では、チワワのドッグフード選びで成分表をみるときに、どんな事に注意しないといけないかを紹介します。

 

参考にしてみてください。

 

安全な成分で作られているか確かめる

 

チワワはとても体が小さいので、食事による影響がすぐに体に出てしまいます。極端な話をすると、悪いものを食べたらすぐに体全体に悪い影響が出るということです。

 

ドッグフードを価格だけで選ぶ人も多いと聞きますが、小型犬の場合、その選び方は危険です。フードを選ぶときにはパッケージの裏までしっかり目を通して、含まれている食材や成分について理解してから購入することが大切になります。

 

食品添加物が無添加のドッグフードの種類も増えてきました。食品添加物は食品の保存性や香りを高めるために含まれていることが多い成分ですが、チワワの健康には必要のない成分です。

 

長い間食べさせるフードですから、無添加のフードを選ぶようにしましょう。

 

安全基準を満たしているか確かめる

 

ドッグフードには安全基準というものが存在します。このことを意外と多くの飼い主さんがご存じないようですが、日本には日本の、アメリカにはアメリカの安全基準があるのです。

 

パッケージの裏に認可の印がありますので、必ず確かめてから購入するようにしてください。

 

ただし、添加物については日本と外国の基準は違います。外国では「無添加」であっても日本では「無添加」と表示できない内容のこともあります。

 

では、何を信じれば良いのかというと、最も分かりやすいのはメーカーのホームページや、ドッグフードに対する口コミサイトです。

 

外国産のフードについても使用者の声や成分表示の解説などがホームページには掲載されていますので、これらをチェックしてみることを強くおすすめします。

 

人気フードの成分内容

 

日本国内のチワワの飼い主さんから口コミで人気が広がっているのは「カナガンドッグフード」や「ナチュラルドッグフード(NDF)」です。

 

どちらもイギリスから輸入されたフードですが、無添加のフードです。カナガンの方はチキンがメインの食材になっていて、ナチュラルの方はラム肉が使用されています。

 

どちらも人間が食べられるほど高品質な肉を使用しています。

 

ただし、ナチュラルには大麦などの穀類が含まれていますので穀類にアレルギーのある子は食べられません。

 

ラム肉は香りが独特ですので、この匂いに対して好き嫌いがはっきり出るようです。カナガンは小粒で食いつきがよいのが人気の理由のようで、穀類を一切使用していない珍しいフードです。

 

海藻やハーブエキスを配合していて、様々な病気の予防にも効果があると言われています。どちらも価格はほぼ同じです。