チワワがなりやすい病気

犬が尿路結石にならないめにドッグフードでできる予防策とは?

いつもと違う様子なら

 

普段は元気にしている犬が、何となく食欲がなくじっとして動かないとか、トイレに何度も行くけど排泄してないような気がするとか、いつもと違った様子なら何らかの病気を疑うことです。

 

先に触れたような症状がみられ、動物病院に連れて行ったら尿路結石と診断されたということも少なくないので、まずは尿路結石や尿路感染症を疑ってみるといいです。

 

特にオスの犬に発症しやすいので、オス犬がいるのなら原因や症状・予防方法などについて事前に知っておくと参考になります。

 

 

主な原因と症状は?

 

尿路結石を発症するのは圧倒的にオスが多いのですが、その理由は細い尿道が長いためにどうしても途中で詰まりやすいからです。

 

結石ができる原因としては様々なことが考えられますが、食生活が大きく影響していると言えます。

 

それから犬の尿路結石で多いのがストラバイト結石とシュウ酸カルシウム結石で、尿のpH値によってそれぞれ発生します。

 

ストラバイト結石は、尿のpH値がアルカリ性になることで、マグネシウムなどを溶かしきれなくなって結石をつくってしまうのです。

 

シュウ酸カルシム結石は、逆に尿のpH値が酸性になり過ぎると発症するもので、その為ストラバイト結石治療の弊害として起こることもあるのです。

 

主な症状としては、結石が引っ掛かることで痛みが起こったり、尿道に詰まってしまうことで尿が出なくなったりします。また、血尿などの症状が起こることもあって、人間と同様の症状が見られます。

 

 


チワワのドッグフード

 

予防するために必要なことは?

 

食生活が大きく影響していると考えられるので、まずは現在与えているドッグフードを見直してみる必要があります。

 

意外と成分などを一切考慮することなく愛犬が喜ぶものを与えていたり、コストパフォーマンスを重視して選んでいたりするケースは多いものです。

 

しかし、それが原因で辛い思いをさせてしまうようでは本末転倒なので、ミネラルを調整したドッグフードを与えることをおすすめします。

 

ただミネラルを調整したドッグフードがおすすめと言っても、普段のミネラル不足が原因で過剰なミネラル成分が溜まり結石を発症させてしまうことも考えられます。

 

おすすめのドッグフードに関しては、症状を見てもらった獣医師と相談してみることが最善策と言えます。

 

 

ドッグフードからできる予防策とは?

 

尿路結石を発症してしまった場合は、獣医師と相談して適したドッグフードを与えるのがいいですが、ただそれだけをしていれば良いというわけではないのです。

 

ドッグフード以外にも日常的な点で注意してあげなくてはならないこともあるので、その点も獣医師にアドバイスを受けるようにしましょう。

 

また予防を考えるのなら、配合されているミネラルの品質や、それ以外の原材料の品質などについてもしっかりと把握することです。

 

そして、あらゆる栄養成分がバランスよく配合されているのか、また健康的な食生活ができるのかなどをチェックすることも必要で、そうすればその他の病気の予防にもつながります。

 

栄養素のバランスや添加物・原材料などを、ひとつずつ確認して危険性のある食材が含まれるフードを除外して絞り込んで決定するようにしましょう。

 

 

飼い主としても

 

人間も犬も体が資本で、元気で健康だから様々な行動ができるものです。また、生きていく限り食事はとても重要な存在になるもので、何をどの程度食べるのかに配慮する必要があります。
健康に気を配った食事をすることが大切で、特に犬は毎日同じフードを食べるので気を付けてあげましょう。

 

獣医師が推薦するおすすめのフードを与えると共に、飼い主としてもしっかりと学んで適切なものを与えてあげることです。

 

 


チワワのドッグフード