チワワがなりやすい病気

犬の犬生に沿ったドッグフード

スーパーゴールドのドッグフードは総合栄養食なので、ドッグフードだけあげていても栄養的には問題ありまえん。

 

むしろ、ドッグフードだけで満足出来るように育てるのが正しい飼育方法とも思います。

 

しかし、人間と一緒に暮らしていると、どうしても人間の食べているものが欲しくなるのはしょうがないことです。

 

それを人間側が我慢してあげないのが一番良いのですが、可愛い犬のおねだりに勝つのはなかなか難しいことです。

 


チワワのドッグフード

 

もちろん人間の食べ物をそのままあげるのは本当に止めたほうが良いですし、あげていない人のほうが多いと思います。

 

しかし、その代わりにおやつを沢山あげてしまったりする飼い主は多いと思います。

 

おやつは犬と飼い主の大事なコミュニケーションでもあるので、1日1回くらいはあげたいですよね。

 

その為にも普段の食事管理はとても大切です。

 

家ではパグとミニチュアダックスを飼っているのですが、とにかく食いしん坊なので大変です。

 

小さい頃とても身体が弱く食が細かったので、甘やかして食べるものなら何でもあげていたので、

 

(玉ねぎなどの犬にとってアレルギーのあるものや、塩分の強いものは別ですが)今でもおねだりがとまりません。

 

本当に小さい頃のしつけは大切です。

 

 


チワワのドッグフード

 

そんな時にスーパーゴールドのドッグフードはグルメな犬でも良く食べて、

 

栄養バランスも安心というお薦めを聞いて与え始めました。

 

スーパーゴールドの「フィッシュ&ポテト プラスライト 肥満・関節の健康に配慮」は、

 

血糖値上昇がゆるやかで、成犬とシニア犬対象のドッグフードです。

 

100gあたり277キロカロリーの肥満・関節に配慮したドッグフードです。

 

1袋の容量も大体が2.4kg前後と、約半月〜1か月ほどで食べきれるサイズなのも、

 

品質が劣化する前に与え切れるので安心です。

 

また、犬種ごとに細かくわかれたドッグフードも魅力的なのですが、

 

うちではパグとミニチュアダックスを飼っているので、

 

犬種にこだわらないスーパーゴールドのドッグフードは与えやすくて助かっています。

 

 

 

そして、最近年齢を感じるようになってきたので、犬用ミルクもたまにあげるようにしています。

 

スーパーゴールドの犬用ミルクは、生まれたばかりの子犬にはもちろんですが、

 

食が細くなって栄養補給が心配なシニア犬にもあげられるシニアミルクがあります。

 

なかなかドッグフードを食べてくれなくなったり、ドッグフードだけでは、

 

栄養を補給できる量を食べることが出来なくなったシニア犬に優しいシニアミルクです。

 

哺乳用・保育用ミルクを成犬にあげても問題はありませんが、

 

成犬にはメンテナンスミルク、シニア犬にはシニアミルクが用意されています。

 


チワワのドッグフード

 

 

他にもスーパーゴールドではおやつの種類も豊富で、全てにカロリー表示がされているので安心です。

 

犬は人間の10分の1ほどの大きさなので、ほんの10キロカロリーほどの違いがとても大きいのです。

 

人間にとっては一欠けらのチーズでも、犬にとっては大きな塊です。

 

ついついあげすぎてしまうので、カロリー表示をみるとハッと出来ます。

 

 


チワワのドッグフード

関連ページ

チワワにはできるだけ同じ食事をさせたい
カナガンを選んだ理由とおすすめする理由
フードジプシーから救われた!私がネルソンズにした理由
よいドックフードと健康管理
犬が尿路結石にならないめにドッグフードでできる予防策とは?
アイムスはうちの子には合わなかったです
ペディグリーのデンタエックスでオーラルケア
ペットも大満足のグランデリ
ユーカヌバの犬用DアシストKOセレクト・プロテイン
プロプランを食べて、元気な毎日を!
ワンちゃんの健康のためにスーパーゴールドプラス
コストパフォーマンスにはやや疑問が残ります
オランタ?生まれの無添加ト?ック?フート?「ヤラー」は愛犬に安心して与えることか?て?きます
大切な家族におすすめ!ドッグフードのニュートロ
比較でわかる!市販のドッグフードとプレミアム品の違い
成犬なら選びたい!オリジン社が手がけるアダルトの特徴とは
原材料にこだわり、愛犬の健康を守る!ドッグフードの選び方
自然給餌をコンセプトとした無添加ドッグフード「ナチュラルドッグフード」
家族の一員である犬にも健康で長生きしてもらいたい!
我が家で利用しているドッグフードと選んだ理由をご紹介!
ドッグフードでアレルギー対策しておきましょう
おすすめドッグフードの選び方