チワワがなりやすい病気

ドッグフードでアレルギー対策しておきましょう

 

ワンちゃんのその症状、アレルギーかも!?

 

なんだかワンちゃんが皮膚の炎症を起こしているように感じたり、目が充血していたり、体調が悪そうにしている…なんてことはないでしょうか。

 

様々な原因が考えられますが、もしかするとそれはアレルギーが原因かもしれません。

 

意外とワンちゃんのアレルギーというのは多く、その原因がドッグフードということも多くあります。アレルギー対策ができるドッグフードの選び方を紹介します。

 


チワワのドッグフード

 

 

主原料のお肉がアレルゲン!?

 

無添加ドッグフードは鶏肉を使用しているものが多いですが、中には豚を使っていたり牛肉を使っていたりというものもあります。

 

ワンちゃんの体質によってはこれらがアレルゲンとなりアレルギーを引き起こしていることも考えられます。

 

皮膚の炎症などなんらかのアレルギー症状の疑いのある症状が見られたら一度病院で検査してもらいましょう。

 

原因が今食べているドッグフードの主原料の肉なのであれば違う種類のお肉や魚を主原料としたドッグフードに切り替えましょう。

 

魚はアレルゲンになりにくいうえ、高たんぱくでワンちゃんの健康をサポートしてくれるのでアレルギー対策にはぴったりです。

 

 

穀物はワンちゃんにとって有害!?

 

すべての穀物がよくないということはありませんが、穀物が原因でアレルギーを起こしてしまう可能性はとても高いです。

 

量販店で購入できるような安価なドッグフードはかさ増しで穀物を大量に使用していることが多く、これが原因でアレルギーになることもありますし、

 

消化ができないのでお腹の調子が悪くなることもあります。お肉がアレルゲンではないのであれば、グレインフリーと書かれている商品を選んでみましょう。

 


チワワのドッグフード

 

 

その他の原料や製造過程にも注意

 

アレルギーの原因はワンちゃんの体質によってどんなものが原因かわかりません。

 

いいドッグフードでもワンちゃんの体質に合わないものが入っていることもあります。

 

まずは購入する際にはすべての原材料をしっかりと確認してあげましょう。

 

また、その商品にアレルゲンがなくても、同じ工場でほかの商品を作っている場合、その中にアレルゲンがあればアレルギー症状が出てしまうこともあります。

 

 

まずはワンちゃんの体質を知ってあげることが大切

 

ドッグフードでアレルギー対策を行うためには、まずワンちゃん自身がどんなアレルギーを持っているのかを知ってあげることが大切です。

 

それがわかったら、原因となるような原材料の使われていない安全なドッグフードを見つけてあげましょう。

 


チワワのドッグフード