チワワがなりやすい病気

美味しさは素材で決まるというフレーズで有名なビタワンコンボは、スーパーなどでもよく目にする比較的知られたドッグフードです。

 

美味しさは素材で決まるというフレーズで有名なビタワンコンボは、スーパーなどでもよく目にする比較的知られたドッグフードです。
ビタワンコンボにしてから愛犬の食いつきが良くなったという評判もありますが、原材料の観点から詳しく見ていきます。

 

ビタワンコンボの原材料

ビタワンコンボの原材料表を見ると、先頭に穀類とあります。
原材料表は使用量の多い項目から順に記載するという決まりがあるので、このドッグフードには穀類が最も多く使用されていることが分かりますね。
角切りササミやビーフ、野菜ブレンドなどのラインナップがありますが、どれも原材料表の先頭は穀類です。
人間にとってなら穀類を主原料とした食品でもいいですが、犬は穀類を消化吸収する能力が低いため、穀類の多いドッグフードばかり食べていると消化器官に負担がかかってしまいます。
というのも、人間と暮らしていると忘れがちですが、犬は肉食動物であり、穀類を食べてもしっかり消化できないため、摂取できる栄養も限られたものになってしまうのです。
また、小麦粉やトウモロコシにアレルギーを持つ犬は多いので、お宅のワンちゃんがアレルギーの気配があるなら慎重になるべきでしょう。
できれば主原料はお肉のドッグフードがおすすめですよ。
ビタワンコンボにも肉類の使用が記載されていますが、その内容はチキンミール、チキンレバーパウダー、牛肉粉、豚肉粉というものです。
肉類とはいってもそれほど質の良いお肉とは言い難いですね。
というのも、これらは人間用の食肉とは全然違うもので、食肉加工の過程で出る余分な部分を加工したものがこうした「○○ミール」「○○肉粉」「○○パウダー」だからです。
原材料のコストが抑えられるというメリットはありますが、栄養価から考えると評価は低くならざるを得ません。

 

ビタワンコンボの添加物

ドッグフードにこだわりのある愛犬家からはビタワンコンボの評判は良くありませんが、その理由は上記の原材料だけにあるのではありません。
使用されている添加物にも大きな原因があります。
ビタワンコンボにはいろいろな合成添加物が使用されていることが原材料表から分かりますが、なかでもプロピレングリコールやデヒドロ酢酸ナトリウムといった添加量に制限のある成分も使用されています。
これらはマウス実験では摂取量によっては死亡の危険性があることが分かっています。
犬の健康に明らかな悪影響が出るほどビタワンコンボにこれらの合成添加物が使用されているとは考えにくいことですが、少なくとも危険性があることは確かなことですね。
1日の摂取量で問題ないとしても、可能なら与えない方が良いでしょう。
さらに、多くの合成着色料が使用されている点も評判の良くない理由です。
原材料表によると、着色料として二酸化チタン、食用赤色102号、106号、黄色4号、5号、青色1号が記されています。
こうした合成着色料には発癌性がないとも言えないので、なるべくなら避けた方がいいでしょう。
そもそも犬は人間のように色を識別できないですし、ドッグフードに着色料を使用する意味はあまりないんですよ。
そう考えると、わざわざ必要ないものを使用しているのは好ましいとは言えませんよね。

 

ビタワンコンボの評判

上で見てきたように、ビタワンコンボは原材料から判断する限り、あまり愛犬に食べさせたいと思えるようなドッグフードとは言えないのですが、ネット上に見られる評判には悪いものばかりではありません。
いろんなドッグフードを試してきて、なかなか気に入ったものが見つからなかったが、ビタワンコンボに出会ってから残さず食べてくれるようになったという良い口コミも一定数見つかります。
「食が細く、夏になるとさらに食欲がなくなるのが悩みだったけれど、ビタワンコンボは飽きずに食べてくれています」といった内容の口コミもあるので、犬の食いつきから見る限りそれほど評判の悪いドッグフードという訳ではありませんね。
また、プレミアムドッグフードと比べて手ごろな値段なので、こちらを選んでいるという飼い主さんもいます。
原材料からはあまり良い評価を下せないドッグフードですが、こうした点からビタワンコンボを支持する飼い主さんもたくさんいるのでしょう。
だからこそ、良い売れ行きを示すメジャーなドッグフードとなっているのです。
ただ、総合的に見ると、「あなたの愛犬にはぜひビタワンコンボを食べさせて!」と熱意を持っておすすめできるわけではありません。
犬に負担のかかる穀類や、健康にリスクが認められる合成添加物を使用しているわけですので、諸手を挙げて賞賛すべきものでないことは分かりますよね。
価格はリーズナブルですから、「高いドッグフードばかり続けられない!」というのなら、ときどきローテーションさせるぐらいは良いでしょう。
ドッグフードに値段を重視するか、それとも、栄養と安全性を重視するかで評判が分かれるドッグフードと言えますね。